FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

澪誕 機材側まとめ。

機材一覧(わかんないものだらけなので、ざっくりと。。)

■アンプ類
・あゆさんのギターアンプ (BlackStar)
・ゆずぅさんのギターアンプ (Marshall)
 それぞれ20W~30W程度
・ゆずぅさんのベースアンプ (200Wくらいだっけ)
■楽器類
・もぽたんのヒップギグ
・帝様
・ひょこいたんのハモンド

ギターにはエフェクターがそれぞれつながっていた。


PA側機材
・返し側
 ・PA10/4(magrの75W×2)を左右から。
 ・ベリンガーK900 (50Wくらい?ドラム向けモニターとして利用)
 ・メインミキサーからの10インチを足元から2発
合計:5発の返しを利用

・前側
 ・メインミキサーからの12インチが左右2発
 ・ムギアンプをステージの下に1発
合計:3発の前向きを利用


で、結果は、個人的には大満足なバランスでした。

返し重視にしていたので、中では爆音が鳴っていることになりますが、
ドラムのシンバルの大きさなどを考え、
『ドラムの音が鳴りすぎて、自分の音が聞こえない』
というのを真っ先に解消させることが目的でした。
そして、ドラムおよびベースも今回ドラマーが着ぐるみであるため、
普段よりも耳の特性が変わるということで、ドラムへの返しを重視しました。

自ずと、返し側に機材を大量に投入した為、
前向きの機材が不足したわけですが、
ムギアンプという、300Wくらいのキーボードアンプを
ステージ下に転がして、見た目にも楽しく、
講堂の後ろはメインアンプからのスピーカーで音を飛ばし、
講堂の前はムギアンプでカバーするという形にしました。


個人的な感覚として、これくらいの音が出ている方が、
演奏者側もお客さん側も、ライブをしている感じが出るんじゃないかと思います。


PAによってやり方が違うけれども、私はこんな感じだったかな。

まずは演奏者がノれる音作りしないと、
ライブを盛り上げられないじゃんね。
スポンサーサイト



| Real Life | 10:03 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

当日はベース音の返しのことで酒井くんわがままを
言ってしまったのだ申し訳なかったです^^;
BELINGERからの返しにベース音がはっきりしたところで
めっちゃやりやすかったのはホントすげ~!でした。
感謝感激雨嵐(?)です♪

| 酒井もぽと | 2013/01/14 11:49 | URL |

PAお疲れ様でした。モニター環境も良好で、演奏しやすかったよん。
ベリンガーさんは90Wだった気がする。

| ひょこい | 2013/01/14 12:06 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様で~す(’’

9時の搬入開始がすでに遅れていたのでなんとも言えないけど
ステージの設営にやけに手間取ってた様子
予定していた1時間の余裕を持ったリハってのがつぶれたのは痛い

と言いつつ、設営にわっちが絡んでないのが原因なワケでw
礼は言っても文句なんて言えるワケがない。

ステージ進行に関しても少々グダってましたなぁ
これも「skypeの打ち合わせ」「当日のリハで最終仕上げ」と考えてたわっちが
喘息で撃沈してたせいだし文句なんて言えるワケがない。

時間押しちゃったことに関しては「主催からもらった時間」を守れなかったワケなんで十分反省します
これは今後の活動に影響を与えかねない事案なんで「楽しかったから、ま、いいか(’’」ではダメなんだ


ギターに関しては、リハにあと10~15分欲しかった
あゆさんと交代でそのまま鳴らしたので歪みが深すぎてどうにもこうにもw

ベースはゆずぅさんのベースアンプがいい仕事するなぁとw
単体で聞くと「ちょと音でかくね?」って感じるけど
演奏はじまると他のパートの奥に回って下を支える感じ。イイネw

| Arshe_DJ03 | 2013/01/14 20:48 | URL |

■もぽたん
当初から、K900をドラムのモニターとして利用することは考えていたのですよ。着た時に、ベースの音がすごく大切ってことは、普段のセッション会でも聞いていたので、今回はできるだけそこをカバーするつもりで、最初からK900をあの位置に置いていました。ただ、音が出る様になるまでに手間取っただけで;;
演奏しやすかったのでしたら、まず私としては大満足です。

■ひょこいたん
実はキーボード勢には非常に申し訳ない限りで、
キーボードへの返しは、4発の返しの中に混ざる形だったのです。『キーボードだけのモニター』っていうのが、今回は存在しなかったので、申し訳ないところ。
ただ、一番スピーカーに近い場所を陣取っていただいて、
そこそこ聞こえたんじゃないかなぁと思います。

■あーせさん
設営は申し訳ない。
正直、今まであーせさんが『ある程度指揮をとってくれていた』ってことに甘えてた結果がコレ。
マイク持って、私の頭の中の想定を全部テキパキ言っていけばよかったって思っています。
特に、ムギアンプに向かっていた、赤いフォンケーブル。
アレは私の完全な『想定外』。
メインミキサーのMONO OUTから、ムギアンプまでケーブルが敷かれていて、ステージを縦に横切っていたわけだけれども、そんなことしなくても、マルチリンクコネクタを使えば配線すっきりじゃないかと。
誰が敷いたかはわからないけれども、私の指示不足。
あと、PMP4000の仕様を理解しきっていないところも猛省。
返しの数を増やしたら、ミキサーでチャンネルを増やさないといけないのね…。
結果的には、演奏側にドタバタを押し付けて、申し訳ないことになってしまったことは、私の反省点。
ゆずぅさんのアンプは、あれぐらいが本当にちょうどいいです。内向きにも外向きにも、いいぐらいなのです。
特に、ライブが始まってから、観客のコールがあると、真っ先に潰れるのがベース(男性が多い為)なので、出力が大きいものが欲しいですな。

そして、時間に関しては、構成の問題ですな。
アンコールがあるという前提で考えていけばよかったのかもしんないですね。次、5月5日にライブをやりたい人がいたら、その人たちに託しましょう。
例えば、MC『次で最後の曲です!Listen!』→演奏→全員引く→アンコール→Lazy って流れであれば、収まった可能性も。

| magr | 2013/01/15 01:25 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT