FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

青森日記4~願う気持ちに綻ぶ微笑み~

この土地って、すごく不思議だと思う。



冬は雪の祭り。

夏は火の祭り。

七夕の祭りだってある。

そんな土地に惚れてしまった自分がいるのは間違いないんだろう。

それは、ボクが京都で育ったから、お祭りには敏感だから なのかもしれない。

京都のお祭りって、すごく厳かで、観客は誰も声を出さない ってことが多くて、

でもそれが心を清められる気持ちになる。

けど、こっちは違う。

すごく元気で、みんな笑顔で、歓声上げたりとか。

同じ日本でも、お祭りが全然違う。

それを体感したのが、一昨年と一昨々年の夏。

それ以来ずっとこの土地が大好きで、しばしば訪れる。

今日、実はちょうどそんな日だった。

初めて聞く名前、初めて見るお祭り。

それでも、胸躍る気持ちだった。



『お祭り見にきたのですか?』


その言葉の意味が、最初わからなかった。
前日の帰りのタクシーの中。

『お祭り・・・?』

素直にそう聞き返した。

『八戸えんぶりって言って、結構有名ですよ。』

そう言って、タクシーの運転手さんは、パンフレットを1枚渡してくれた。

『ホテルにもチラシあるはずなので、見てみてください』


そう言われた通りにホテルには、八戸えんぶりのチラシがあった。

明日の予定、決まったじゃん。
そう思った。





本八戸の駅を降りて、10分くらい歩くと、大きな通りに出る。
昨日は夜歩いたから、よくわからなかったけど、
結構色々お店があるんだねーっていう印象。

そんな中で、1時間ほどしかない滞在時間、
ゆっくりと見て回りましたよ。

080218-5.jpg


色んな団体さんがやるのですね。
事前準備とか、知識なく見ていたのですが、
動きとか使われている道具は、見た目がそのまま。
豊年を願うお祭りなんだ っていうのがよくわかるものです。

動き回るお祭りなので、
その元気よさに思わず微笑んでしまう自分がいた。


一通り見て回ってから、駅に戻り、三沢までの乗車券と自由席特急券を買った。

1、八食センター
2、八戸えんぶり
3、函館

1日にこれだけをこなそうと考えた頭を疑いたくなったけれども、
失敗したときの悲劇を知りつつ、実行しようとしちゃうんだもんね。

今回使っているのは、青森函館フリー っていう切符。
東京からだと、29,100円で有効期限は、初回乗車日から7日間。
フリーエリアは、青森県の大半と函館まで。
往復の、新幹線のまたはあけぼのの切符がセット。
普通に新幹線で往復するだけで30,000円以上するから、
この切符のほうが絶対得ってワケ。

で、フリーエリアがせっかく函館まであるんだから、乗っちゃえって思った・・・ただそれだけ。

八戸発函館行き。
スーパー白鳥。789系。

何がいいって…
運転席の真下で、前面展望が見られる。

080218-6.jpg

↑ちなみにこれは青森駅。


乗る前から覚悟してましたよ。


3時間、立ちっぱなしで、前面展望を見てやる( ̄ー ̄)


青森駅で方向が変わって、それから青函トンネルに入るので、
八戸-青森は、後ろ側
青森-函館は、前面

こうすることにしましたw


ものすごい揺れて、何回体を壁にたたきつけられたかわからないくらいw
もちろん、当たり前といえば当たり前なのですが;
電車が揺れにくいのは、1車両の台車と台車の間。
つまり、真ん中あたり。
端っこは、一番揺れるのです。3時間もつかどうか。。。

そして、最初1時間は後ろ向き。


だんだん気持ち悪くなってきましたよ(、、||)


電車で酔うなんて初めてですが・・・orz
たぶん朝から食べ過ぎたのもあるのでしょう;;

でも、しばらくしたら、前面展望に切り替わると思えば、
がんばれる・・・・・・


そんな希望だけが頼り!!

自由席で座ろうなんて考えてませんでしたよ!!ええ!!!


青森駅に到着した頃には、
ガラスが、雪まみれで見づらいものになってました。
後ろ側だったので、舞い上がった雪が付いちゃったのです。

でも・・・絶対やりたいことはやり遂げたかったから、必死で耐えた・・・。



そして・・・・・撮れるとは思わなかった・・・

080218-7.jpg


青函トンネル入り口。

本当に、新幹線規格の線路。
レールの幅さえ広ければ、今すぐ新幹線が走れる。
そんな印象の線路。



いよいよボクは、

本州を離れる。



北の大地の、ほんの一部、足を踏み入れることになる。



その目的が少々意味不明だけど。
スポンサーサイト



| Real Life | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://path.blog14.fc2.com/tb.php/248-274d693c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT