FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

復活させる。

さぁ復活させよう。

この言葉は過去に何回書いたことか。
復活させると言いつつ、きちんと復活したことなんて、
本当に皆無かもしれない。そんな怠けな人。それでも来年から社会人。


mixiに色んなことを書いているけれども、
そこは隠れた毒吐き場になってしまった。

自分がまいた種を自分で育てることを放棄してしまって、
周りに雑草が一杯生えてしまって、見るも無残なプランターを見つめている。
雨風さらされた種は、結局きちんと育つことはなく、茶色くなった双葉。

それは自分の感情や気持ちとよく似ている。
やらなきゃと思っていることを、きちんとできない。
期日ギリギリまで放っておく。
手に負えなくなったら放棄してしまう。
でも、自分の中では後ろめたさがものすごく残っている。
その後ろめたさが自分の気持ちの錘になる。
胃の中のものを全て吐き出したくなる感情。
巡り巡って自分に全部帰ってくる。

自分の中で気持ちを爆発したくても、不完全燃焼で終わった。
いい意味で爆発させようとした。全てを忘れて1日早朝から家を飛び出した。
けれども、空は鉛色。冷たい雨に打たれた。
導火線に点いた火は、瞬く間に消えてしまった。
自分の気持ちに与えるべき栄養剤は、湿気てしまったのだ。

ぁー、何をやっているんだろう。
カメラを構えても、右手人差し指は動かなかった。

ついに自分のお腹に来た。
格好悪い形で来た。
自分も予想しなかった事態だった。

今、気持ちの中のものを爆発させたい。
1週間くらい、現実に戻らなかったら、爆発できるのかな。
何をすればいいのかな、自分。
答えが見つからない。
目の前が、霧がかっている。

何が正解なんだろう。
いったい…何が…。
スポンサーサイト



| Real Life | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://path.blog14.fc2.com/tb.php/40-33828bb6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT