FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前進。

キル・ハイルのクエストに挑戦。なかなかすごかった。


頭の悪い私は、ストーリーを追うことが中々できなかった。
ゆっくり読んでいても『へー』と思っているだけ。
それでも、私が操作しているキャラクターは、淡々と謎を解き明かしていく。
こういう時だけは、やっぱり自分がこの世界に入れていない気になる。

出てくるMOBを倒さないといけない場所で、しーさんと倒している時、
入ってきたプリさんがどうしようもない状態になってしまって、
PTに組み込んだり。ハンター1人、プリ4人の奇怪なPT。
本当にしーさんには申し訳ないと思った。

けど、楽しい人たちで、盛り上がりに盛り上がった。
けれども、本当に楽しかった。
おなか抱えながら笑った。

クエストの順番待ちをしているときも友達を作った。
ライトノベルの話をして盛り上がったり、
私をイジってくる人が現れたり。

もう会えないかもしれない。
しーさんが最後に言った
『名残惜しいですが』
っていう言葉は、私もしっかりと頷いた。
(まぁ、SWしてくれたプリさんは同盟の人だったので、また会える可能性が高いのですが)

一期一会っていう言葉が真っ先に思い浮かんだかな。
スポンサーサイト



| RagnarokOnline | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://path.blog14.fc2.com/tb.php/53-0e58cc3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT