FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11月度NBF東京第4地区月例会

最近最もアツいものがボウリングで、
色んな試合に出ているわけです。

結果は、総勢90人強の中で、今回も何とか3位。
スコアは4ゲームで840くらい。
アベレージとしてはソコソコ。
ただ、ホームグラウンドでの試合だったのを加味すればイマイチ。

そして、私の中で全く納得していないのが、ハンデを加えると、933。
この数字で3位を取っちゃったのですよね。
1ゲームにつき、21のハンデ。
上位の人はもっと高いハンデがあるからいいのかもしれないけど…これって実力勝負じゃないぢゃん。

ハンデの算出は、ざっくり書けば、200から今までのアベレージを引いて、8掛けしたもの。
ただ、その数字も、9月末までのゲームだけ。
私が大爆発し始めたのはお盆が過ぎてからだから、アベレージが200に足りていなかった期間の方が遥かに長かったのですよ。

21もハンデがあると、
『これって犯罪ですよねwww』
ってなるわけ。

私もそう感じながら、昨日の試合に臨んだのです。



…で、結果は3位。
そのあと、試合の集計のために、ハタ・ボウリングセンターに行ったのですよ。
そこでは、ジャパンオープンが開催されてて、
プロ同士の1対1の対戦をしていたのです。
私が少しだけ見たのは、姫路プロと吉田プロの対戦。

姫路プロとは本当に一度だけ投げたことがあって、
少しだけお話もしたことがあるのです。
関西人の優しい面白いお姉さんな印象だったのですが…

その場の空気が冷たくて怖いものでした。
ボウリングはメンタルが大きく影響するスポーツ。
張り詰めた空気の中、一投ずつしていく光景は、
私には耐えられないものでしたよ。もちろん、見ていて楽しいのですが、この空気で投げる立場には絶対になれないなーって。
そう考えたら、私がやっているボウリングって、まだまだレジャーの域じゃん…って。

うっすらとプロになることを考えたり、周りから『プロにでもなるの?』とか言われたり
冗談でプロ呼ばわりされたりするけど、冗談じゃない。
話にならないね…私の実力なんて。

でもまあ…趣味としてだといいものかもしんない。


そーいや、直さなきゃいけない部分がまだたくさんあるんだった。
その練習と勉強しなきゃだなーと。

・カバー率の向上
これ、重要すぎ。ストライクが続いてるっていうのに、何か残るとオープンになったり。
10番ピンの取り方もまだブレてるんだよね。15枚目通したり、20枚目通したり。ボックス内の右側のレーンで、ボールラックが邪魔だと前者が多いけど、右奥までヘビーにオイルが入ってると、ボールラックに関係なく後者が使えるのん。ミラノボウルがそーでした。
ホームだと、私の投げ方だと後者にすると手前から曲がってピンに当たらないのです。
理由は、回転数を一投目との投げ分けができていないことと、スパットに向かって歩いていること。後者の理由は、別の課題にも響いてるから、早く何とかしたいんだよね…。

・右から20枚目より左側でリリースができない。
これがさっきも出た理由。板目に沿って歩いて、ないんだよね。
なので、レーンの右半分にほとんどオイルが残っていない時なんか、うまい人はレーン左端でリリースして、スパット位置で右から22枚目を通して、15枚目奥くらいのフッキングポイントを使って投げたりするんだけど…
私にはまだできないのですよね。

・リリース後に体がブレる。
回転数とスピードが上がれば、右手にかかる負担も上がる。
そうするとリリースした瞬間に左足にかかる負荷も上がる。
これの対処方法は教えてもらったので、ひたすらその方法で投げ込んで、練習するのみですね。



やりたいことは山ほど。
でも、いっこずつ潰していきますよん!
スポンサーサイト



| Bowling | 19:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT