FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まんぷく。てつたび。

恥ずかしいながら、
鉄道ファンの端くれではありますが・・・・

今年はなんと…

青春18きっぷを生まれて初めて買いました!!!

今まで、友達に買ってもらって使ったことはありましたが…

※:それでもお前は鉄ちゃんかー!
path:だから前から言ってるだろ!鉄ちゃんじゃねえと!
※:鉄ちゃんじゃねえやつが、仙台から京都まで鈍行で帰るかー!?
path:・・・・。


昨日、鈍行で仙台から京都まで帰りました。



朝6時半にモーニングコールをセット。
7時からのホテルの朝食を、ダッシュで食べて駅に向かうことに。

Image075.jpg


青春18きっぷ。11500円で5回分。1回2300円。
7時20分。常磐線 いわき行きの電車が到着。
717系でした。
(寝ぼけて前面だけを見て、『あ、113系だー』って思ったのはヒミツ。交流電化地域ってことを、しっかりと忘れていた。)

さすが平日の朝。通学客でごった返し。
亘理駅までずっとこんな感じでした。

途中で寝てしまって、気づけば相馬駅。
前日買った本はあまり読まずに、ぼけーっと車外を眺めていました。

ひとつひとつの駅に到着する度に、
携帯電話を使ってwikipediaで検索してみたり。
軽い観光案内代わりになってくれます。
つつじが有名な駅 なんていうのもあったりw
でも、これが後で、携帯の電池がないとわめく原因になるとは、
この時、薄々わかっていながらも、気づいていないフリをしていた。(ぁ

なんだかんだと、いわき駅に到着。
さすが、福島県の大都市っていう感じがする。

とは言うものの、堪能できずに4分接続。
ダッシュで階段を駆け上がった。

次に乗ったのは、上野行き。
最初は『普通』っていう種別だけれども、取手駅からは『快速』になる。
常磐線沿線の人には、理由がわかるかもー?
車両は455系。

さすがに目が覚めたので(いわき駅10時06分)、
前日に買った本を読むことに。
MicrosoftAccessの本。前から気になっていて、欲しくてたまらなかった。
普通、こういう本は、『わからない時に調べる』の様な使い方が一般てきだけれども、
私の場合は、絵本感覚になってしまうのだw


と、ここで事件が発生。
大甕駅を出たあたりで、周りの人の視線が一点に集中していた。
振り返ると、おじいさんが通路で横になって頭を抱えていたのだ。

実は、電車内で急病人が出たところに出くわすのは、2回目。
大学の帰りの電車内でも遭遇したことがあるのだ。
とりあえず、声をかけてみる。
しかし、反応が薄いので、具合が悪いのではないかと判断して、周りの人と相談した上で、一番後ろの車掌室までダッシュすることに。

そういえば、この車両、何両だっけ。
いわき駅で、『ボックス席がある車両は、どこだー』と探して、
前から4両目あたりに乗った記憶があったけど…
上野に乗り入れる455系だから・・・
もしかして、11両!?

ってことは、7両分×約20m=140m!

走りながら、車掌さんと電話ができる『非常通報装置』の存在を思い出し、
鉄ちゃん失格さと、自分の運動不足を身にしみるほど感じ
やっとの思いで、車掌室までたどり着いた。
話をして、東海駅で運転停車してもらうことに。
(ちなみに『運転室のほうが近いぢゃん』って思うかもしれないですけど、
当たり前ですが、走行中はまず話ができません。)

東海駅で5分ほど運転停車。
駅員さん・車掌さんが呼びかけて、おじいさんはうっすらと返事をする感じ。
意識ははっきりしていてるのですが、
『どこまで行くのですか?』の問いかけには
『ちょっとそこまで』としか応えていませんでした。
とりあえず、本人曰く大丈夫ってことなので、
車掌さんには、私の携帯電話の番号を伝え、
何かあれば非常通報装置で知らせる旨を伝えて、運転再開。

その後、土浦まで行くという、女性の方2名とずっと話をしていました。
一人は、私の母親くらいの方。もう一人は私の祖母くらいの方。
本当に気さくなお母さんという感じで、
『うちにも、あなたくらいの娘がいるのよー』という話とかw
『へー、京都から来たの。私まだ行ったことないのよー。』とか。
こういう話は、喜んでするほうです。
その時にしかない縁だから、すべてを裸にしていろんな話をしました。
自分の母親とだったら、こんな会話できないだろうなぁ。
ただでさえ、母親に対してはまだ反抗期だっていうのに。
けれども、こういうお母さんだったら、よかったかもなぁって思ったひと時でした。
土浦駅に近づくと、お互い『惜しいですが…』と言ってお別れ。

これがあるから、旅はやめられないのだ。

少し余韻に浸りつつ、後ろのおじいさんを気にしながら、読書に戻った。
気づけば早いもので、取手に到着。
さすがに乗客が増えてきたけれども、車内のお客さんの視線はやっぱりおじいさんだった。
振り向けば、また床で横になってる。
『ちょっとそこまで』が、東京突入になってますよ。。

北千住で特別快速に抜かれることがわかっていたけれども、
おじいさんが気になって乗り換えできなかったですw
まぁ、乗り換えても数分程度しか差がないので、気にせずそのまま。
一応責任持って上野駅まで見届けることにしましょう。

ちなみに、ぜんぜん気づかなかったけれども、
東海駅で発生した遅れは、友部に着くころには回復してたみたい。
どうやったんだろう。すごいと思う。

上野に到着してもおじいさんは寝ていたので、
とりあえず駅員さんに事情説明。
駅員さんが起こしても寝てしまっていたので、
救急車要請。携帯番号を教えて、ホームから去ることに。

時刻は、14時02分。昼ごはんは食べていない。
一番に思ったことは、
おなかがすかない!!!!
当たり前です。ほとんど動いていませんから。

朝食後、仙台駅に移動
いわき駅で、ホームを移動
東海駅手前で280mダッシュ

これだけ。

それでも思ったのは

駅弁が食べたい!!!!!

続く・・・予定。
スポンサーサイト



| Railway | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://path.blog14.fc2.com/tb.php/76-7a8f64d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT