FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅の熟考記2

ではー、2回目の熟考会です。

あ、そもそも、何でこんなに考えているかというと、私の分析結果が、凄くおもしろいから、、、かな。

magrに、嫌いな食べ物があるかどうか、一度聞いてみてください。
答えは『なし』です。

これだと、凄いいいことに聞こえるかもです。
が、実際には、『苦手かな』は、いくつかあります。
でも、わたしは嫌いとは『思っちゃいけない』と感じてます。これが厄介にも、直感的にです。

今これを言うと、大爆弾発言ですが、『午後の紅茶』も実はそうでした。
初めて飲んだのは、中学時代,ボーイスカウトの雪の中での寒いキャンプ中、差し入れに出されたのが、温かい、午後の紅茶でした。
甘過ぎて飲みにくいなあ、が直感でしたが、そうと思いながらも、飲んでいると、感情を曲げてくる様になるのでした。
甘過ぎて嫌い…を、甘くておいしい飲み物だ…と。。
ベタに言うと、自分の感情を曲げたりすり替えたりするのが得意。
私の趣味の多さは、実はここから来ていて、人に誘われてやってみたら、面倒だなあとか思っていたものを、やってみたら感情がすりかわって、好き、面白い、楽しい、と考えることにする様です。

ゴメンなさい。まったく自覚していませんでした。
自覚せずに色んなコトに手を出していたんだなあと。


過去にいた恋人もそうだったかも。あ、ちゃんと3次元ね。リアルカノジョ。3Dでもない。
アプローチは相手からだった。あ、モテてたんだ、俺。(氏ね

ただ、私の感情は、
『付き合って行くうちに好きになっていくよ』
が続いていたかも。
さすがに恋愛は私の気力が続かなかったらしい。うーん、惜しい。でも、今は恋愛したい…けど、まあ無理じゃね?俺。(ぁ


さて。引き続き熟考。
まあ、要は素直さがないのかなあ。でも、実はこの問題は難しいのが、
『じゃあ素直に嫌いなものは嫌いと言いなさい』
なんだけど、もう今からそのさじ加減を学ぶには年齢的社会的に無理があるということです。

お付き合い、という言葉がしっくりくるかな。
例えば親戚どうしの宴会があるとします。親戚とは言っても、祖父の代ともなれば、知らない人だらけ。そもそも祖父を知らない私。
そこでは、やはりビール瓶を持って廻って挨拶に行かないといけません。

私は次男。兄はこの挨拶回りが嫌いで、結局やりませんでした。
私は会社の名刺を渡したり、よく判らない話に耳を傾けたり、、、面倒とは思いつつ
『親を喜ばせる為と美徳』
でやりました。

でも、これはおそらくは、必要なこと。投げ出す訳には行かないと思います。



あー、しっくり来やすいコト思いついた。好きなアーティストさんのシングルは毎回買っていて、アルバムが発売されました。
アルバムにしか収録されていない曲は、最初は少し微妙かなあーと思っていたけど、何回も聞いて、歌詞カードに穴が空くほど目を通したら、好きになってた、、、かな。

それが、あるアーティストさんのCDに限った話ならいいんだけど、私は趣味もそんな感じが多いの。


そして、仕事もそうじゃないかと、今は考えています。
趣味を仕事にして、楽しく毎日働くつもりが、そうじゃなかったかもしれない…
これは次の熟考会でー。
明日かなあ。
スポンサーサイト



| Real Life | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT